読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拓落失路

フリーランスとして独立したダメ人間の戯言

天然者にはいつもやられるタイプです

今日が歯科の最終日だった。
4月のせいか新人さんがたくさんいて不思議な緊張感に包まれた院内になっていた。

今回僕の担当になった歯科衛生士さんは、恐らく新人であろう人が練習もかねて2名付いていた。
あれ、今思うと点数稼ぎとかになってないよな?
と思って診察明細書の項目を見たら、余計なもので点数付いてるじゃん。
人数は関係無いだろうけれど、求めてもいないのに歯磨きの指導とかして点数稼いじゃうのはどうなのと思う。
この歯科は悪い感じではなくて、治療もきちんとしているので変えようとは思わないけれど、この点の稼ぎ方だけは少し気になっちゃうな...

点数ってのは診療報酬点数のことね。
診療明細書を受け取ったら載ってる点数のこと。
たしか1点10円くらいで計算して通常は3割負担だからそれで大体の金額がわかる。

まあそれは良いとして、また今回もちょっとしたハプニングがあったんだよ。
なんで僕が歯医者に行くと必ず何らかのトラップがあるのかね...

今回は新人さんの歯科衛生士が歯のクリーニングをしてくれたのだけれど、挨拶してきた表情からして天然っぷりが伝わって来たので一瞬怯んだ。

作業スタート!
いきなりイスを辛い角度に調整される。

ぐぬぬ...

これちょっと海老反ってるよね?

ねぇ??

反ってるのよ、ちょっとだけ...

小心者の僕は特に文句も言えずにクリーニング開始。
歯を3本磨くたび、毎回「大丈夫ですか?」と聞いてくるので返事をするのが面倒。
しかも治療されながら聞かれた時ってみんなどうしてるの?
口に器具が入っているので「ハイ」なんて言えず「ぐぁい」みたいな返答をするだけなのだけれど、みんなどうしてるのかな...

半分終わったところで小休止。
クリーニングを再開しようとした所、何故かイスがグイっと上昇する。

!!?!??!?

「すいません」と言われて操作ミスだったことに気付く。
というか、うっかり触った感じ?
あのイスがどうやって動く仕組みになっているのか分からないけれど、たぶん触ってしまったのだろうと思う。

しばらくクリーニングしたところで、また突然イスがググッと上がる。
またやらかしたらしい...

これ、作業中だったら器具が刺さって致命傷になると思うんだけどどうなの!?
っていうか、なぜ二度も同じミスをするの!?!?!?
ねぇ????

半分表情はニヤけながらも、それからは恐くてとてつもない緊張感が襲ってきた。
最後はピクリとも動けず、僕はまるで土偶のように固まっていた。
終わった頃には全身汗でビッショリ。

歯科ってロックだな。