読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拓落失路

フリーランスとして独立したダメ人間の戯言

付いたのは運なんかじゃない

今日は天気が良く暖かかったので窓を半分ほど開けて車を走らせる。
柔らかい風が僕の頬を撫でる。
気持ちいいなぁ〜♪

と思っていたら、走行中の車に鳥の糞をお見舞いされた。
危うく僕には直接掛からなかったが、車のフロントガラスから側面のガラスまでフンがビチャっと付いている。
もし僕に直接掛かっていたら大惨事だよ。
先日洗車したばかりなのに...
もしも僕の車に対空砲があったら必ず犯人を仕留めていたんじゃないかと思うほど怒りが込み上げてきたよ。

よくオープンカーが最高☆なんて言ってる輩がいるけれど、僕からすると全くそうは思えないね。
車高が低いから隣にトラックが並んだ時なんて、直接排気ガスの生暖かい排熱を顔面に当てられて、おまけに黒煙を吐いているトラックとすれ違いでもしたら苦行以外の何物でもないと思うぞ。
顔なんて真っ黒だよ。

鳥の糞は直撃するし、荷物は車に置けないし、泥だって跳ねられるぞ。
虫は乗ってくるし、ハチが突然出現したり、カブトムシが顔面に直撃したら血が出るぞ。
それに高速道路を走行中に雨が降ってきたらどうしようもないだろう。
トンネルなんか通ったものなら、バイクのヘルメットしているよりも酷い排気ガスまみれになるんだぞ。
まあそんな車に乗ってるような輩はセカンドカーだからいいのかね。

鳥もフンをお見舞いするならそういう車を狙えよ。
何も貧乏人の車を爆撃することないじゃないか。
走行中の車にフンをぶちまけるってどんだけ精度高いんだよ。
というか、運が悪いんだよ...

よくフンが付いたことを楽観的に”運が付く”とか言う人がいるけれど、それは運なんかじゃないよ。
ただのクソだよ。
糞まみれなだけだ...

小学生の頃、自宅前でサッカーをして遊んでいた時にカラスのフンが脳天を直撃して生臭過ぎて泣いた記憶が蘇ってきた...
いくら洗っても臭いが取れないしベタベタだし最悪だったよ...

糞ぉ〜!!