読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拓落失路

フリーランスとして独立したダメ人間の戯言

夢の国ディズニーから現実へ

f:id:pkn32569:20140522220736j:plain

現実逃避のために夢の国へ行ってきた。
平日にディズニーランドとディズニーシーへ行くという無職だから容易に実現できる特権を行使してきた。
ここは無職の僕に関連性があるからね。
ディズニートランドでヒッキーマウスやミニート、無職のプーさんと交流を深めてきたよ。
もちろんディズニーシーでは朝からビールが美味かった。
クールビズにはまだ早いけれどビールクズはきちんと実践してきました。

今回泊まったホテルはディズニーから帰ると売店が閉まっていてお夜食バイキングしか開いていなかった。
連泊プランでチェックインの際、1度に1枚だけ使えるお食事券2,000円分が付いてきたのだがその理由が分かった。
お夜食バイキングのクセに金額がめちゃくちゃ高い。
ディナーバイキングならば分かるけれどお夜食バイキングとしてはコスパが悪過ぎる。
しかしここしか空いていないし近場にコンビニも何も無いので、仕方なく入りバイキングを堪能...


マズイ...

どれを取ってもマズイ...

バイキングでカレーくらいは食べられるはずなのに、カレーすら美味しくないのだ。
そこそこディズニーで間食はしていたので我慢して食事を済ませる。
このバイキングは明日は止めよう...

翌日、ファストパスがうまい具合いに取れず、思いの外混んでいたので閉園間際にアトラクションが3つ重なってしまいディズニーで食事をすることができなかった。
ホテルに戻ると23時だったのでまた売店が閉まっている。

かろうじて隣のホテルの売店が開いていたのでそちらで購入。
そしてディズニー最終日の夜ご飯がこれ。

f:id:pkn32569:20140523232226j:plain

ラ王と金麦。
夢の国価格なのでこれだけで700円以上するからね...

そして部屋のポットで沸かしたお湯が温くて麺が固い。
固めの麺をモシャモシャ食べていたら一気に現実に戻されたよ。
やっぱりディズニーは夢の国だったんだな。
覚める時はめちゃくちゃ早かったよ...