読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拓落失路

フリーランスとして独立したダメ人間の戯言

身の丈に合わない物は身体に良くない

先日、ちょっと高めの温泉ホテルに泊まったんだ。
そこのホテルは温泉の他に部屋にジャグジー付きの部屋も選べたのでそのプランをチョイスした。

ジャグジーってさ、水流の出るところが出っ張っているタイプあるじゃない。
その出っ張りがかなり酷くて座ったら腰をその出っ張りにぶつけてしまうしまうんだ。
姿勢を入れ替えようとするとここに肘を強打したり腰を強打したりするわけ。
もうね、結構やられたのよ。

で、極めつけは朝の身支度が忙しい時間でもワイルドにジャグジーに入ろうとしたら手の横をぶつけてさ。
なんかツボを突かれたように痺れたんだよね。
それが今もまだ痛くて手を握ろうとするとジンジンするんだ。

身分相応ではないことをすると、やはり何かしらお返しが来るというのを感じたね。
部屋の冷蔵庫に入っているドリンクは無料で飲めておかわりもできるから、つい普段飲まないようなトマトジュースやニンジンジュースを飲みまくってお腹下してるし...

あと何故かホテルに行ってから鼻水が止まらなくて、フレンチコースなんてシャレたもの出されてるんだけど、もう鼻の粘膜が腫れたようになっていて味なんかわかったものじゃないよね。
それに静かなレストランだから鼻なんて勢い良くかめないし、ずっとダラダラな鼻水を拭いながら食べるフレンチは全く美味しさが分からなかったよ。
夜ご飯は豚丼でいいよ、僕みたいな庶民は...

結局温泉に行ったくせに脇腹と手と腰を打撲して帰ってきた。
温泉ってもっと癒される所じゃないの?